美容整形の方法、どうやって決める?

ダウンタイムの有無で決める

美容整形では、よくダウンタイムという言葉が聞かれますよね。ダウンタイムとは、施術を受けてから日常生活に戻ることができるまでに、必要な期間のことを言います。一般的に手術が必要な方法だと、術後の痛みや腫れ、内出血などが解消するまでに時間がかかりますよね。メスを入れない方法だとダウンタイムはほとんど発生しません。 美容整形を行う場合は、自分が受けようとしている美容治療のダウンタイムの有無という観点から決める方法もあります。ダウンタイムがない方が身体への負担も少ないですし、すぐに日常生活に戻れますし、入院する必要もありませんよね。でも、ダウンタイムがある方法の方が効果が大きいことも多いですから、どこを重視するかですよね。

治療に使う素材で決める

顔のたるみを引き上げたり、肌質改善やバストアップなど目的は同じでも、それを実現するために使われるものが違う、ということも美容整形の世界では多いことですよね。例えば大きくてハリのあるバストにしたい場合でも、ヒアルロン酸を注入するか、自分の脂肪を取り出して入れるか、シリコンバッグを入れるかを選ぶことができます。最近はアクアフィリングという薬剤も使用されるようになっています。 治療に使う素材によって、一回の治療でどれくらいの効果を狙うことができるのかが変わりますし、どれくらいの期間持続するかも大きく異なります。半年だけという方法もあれば、半永久的な方法もあります。当然値段も治療法に使う薬剤などで変動しますから、総合的に判断したいですね。

脂肪吸引の施術は、健康的なダイエットの方法のひとつとしてみなされることがあり、皮膚科や美容外科などに導入されています。